【バイオハザード7】エヴリンの正体は?【ネタバレ考察】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エヴリン

バイオハザード7に登場するエヴリン(エブリン)について考察します。「エヴリンって何者だったの?」、「エヴリンがなぜおばあさんになっていたのか知りたい」、「E型被験体について知りたい」という方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エブリンの正体とは

エヴリンの正体は新種のカビの生体兵器です。
子供の見た目をしているのは、テロや潜入に有利だからという理由で10歳前後の少女の見た目に作っています。

そして、イーサンの目の前に現れていた少女のエヴリンは、老婆のエヴリンが作り出した幻覚です。

タンカーが漂流して以降は、H.C.Fとつながる謎の組織がルーカスを利用して、エヴリンの観察を続けていました。

なぜベイカー一家を家族にしようとしたのか

ベイカー食卓
母親と信じ込まされているミアの存在があるのに、なぜエヴリンはベイカー一家を家族にしようとしたのでしょうか。

おそらく、ベイカー一家は新種のカビへの適合力があり、人間の姿でいることができる貴重な存在だったことが一番大きな理由ではないでしょうか。

新種のカビへの適合力がない人間は、そのまま死んでしまいます。
そして、少しでも抵抗力がありながらも完全には適合力がない人間はモールデッドになってしまい、本当の人間の姿をした人なんてエヴリンの前にはなかなか現れません。

そのため、家族への執着心が異常に強いエヴリンはベイカー一家を家族にしようとし、精神支配をし続けたのだと考えられます。

なぜ3年の歳月を隔てて、エブリンは老婆になってしまったのか

車椅子のおばあさん
ベイカー一家に10歳前後の少女の状態で救出されて以降、エブリンは急速に老化してしまいます。
これは、ワクチンを投与されなくなってしまったのが原因です。

タンカーが漂流して、エヴリンは自由になりましたが、それと引き換えに急速に老化してしまうことになってしまったのです。

エブリンの登場シーン

バイオハザード7のストーリー中では、序盤からところどころでエヴリンの存在をほのめかす痕跡を見ることができます。

最初は、ミアを檻から救出して逃げ出すシーンではないでしょうか。
「扉がなくなってる!」
とミアが騒いでいる部屋にて、カーゴの上に載っている車椅子のおばあさんの写真を手に取り、裏側を見てみると「E-001」と手書きの記載を見ることができます。

これは、終盤の研究所の資料でわかることですが車椅子のおばあさんがE型被験体の1号であることを示しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする