本業以外でお金を稼ぐための考え方ー学生であっても月収数十万円の世界

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お金を稼ぐための考え方

あなたは、本業以外でお金を稼いでいますか?

この記事を読まれている皆さんは、学生であったり、会社員であったり、様々な立場におられると思います。

私はなんだかんだ、まだ学生をやっていますが、月収は30万円ほど稼いでいます。学生の割には、良い月収かと思われますが、自分にとってはまだまだ少ない月収です、コレ。

実際、20歳を超えてしまえばあとの年齢なんて関係なく、上手くやれば誰でもお金を儲けることができるのです。儲けられる人と、貧乏な人の唯一の違いは、そんな世界観が見えているかどうかだと思います。

学生時代の月収つながりで、お金持ちの「あの人」たちはいくら学生時代に稼いでいたか、あなたは知っていますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

成功者は学生時代に稼いでいたという共通点がある

ホリエモンこと堀江貴文さんは、学生時代に自分と同じく月収30万円
グロービスの堀義人さんは、学生時代最高で月収80万円
アップルやマクドナルド、ベネッセなどの社長を歴任した原田泳幸さんは、学生時代に最高月収100万円を稼いでいたそうです。

社会で成功されている方は学生時代にも稼いでいた傾向があり、どうすれば多くのお金を手にすることができるのかを身をもって経験していたことが伺えます。

一方で、一般的な学生を見渡してみるとどうでしょうか?
月収10万円以下という人たちが大半を占めいていると思います。一般企業の初任給と同じ月収20万円に辿りつく学生なんてかなり少ないはずです。

ベネッセ教育総合研究所の大学生の生活実態調査報告書によると、自分で稼いだ月収が11万円を超えているのは、大学生の1.7%にすぎないという統計データがでています。
出典:大学生の学習・生活実態調査報告書

大手企業に入っても、ほとんどが安い初任給である現実

もし仮にあなたが、東証一部上場の大手製造業から総合職で内定をもらったとします。将来有望で、安定、昇進コースまっしぐらですが、初任給は20万円ちょっとくらいです。30代間近になり優秀であれば役付きになって1000万円は超えると思いますが、大手企業の総合職で入れるだけの大学に進学し、勉学に励み、大手企業に就職したとしても、十分な年収を得るにはさらに数年必要というのはかわいそうなものです。

もし、年収が1000万円へ到達するまでの数年間を、片隅で自分の事業に時間を当てていったとしたら、30代前に年収ではなく月収が1000万円以上なんて世界へ到達することも可能です。
つまり、年収が1億円以上。大学卒の生涯年収は、約3億円と言われていますから、普通に会社員をやっているだけでは到底到達できないレベルです。

それも、本業の片隅でやっているので、失敗した際のリスクもほとんどありません。
このローリスク・ハイリターンの投資をやらないのは、もったいないことです。

真のお金持ちたちは、会社員の給与が少ないことに若い時から気づいている

お金持ちたちの中には、学生時代からアクションを起こしている人が多くいます。そんな彼らを動かす原動力の一つは、やはりお金を稼ぎたいという欲望ではないでしょうか。

新卒で働いていも、多くの人はだいたい初任給は20万円ほどちょっともらうのが一般的です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする