ニンテンドースイッチのゲームソフトパッケージが無駄なスペース多すぎと話題に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
switchゼルダの伝説パッケージ
https://arstechnica.com/gaming/2017/02/nintendo-switch-retail-boxes-are-an-ocean-of-wasted-space/

ニンテンドースイッチのゲームソフトのサイズに対して、パッケージがあまりにも大きすぎると海外メディアで紹介されています。

写真に掲載されている「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は、確かにソフトに対してパッケージがでかすぎる印象を受けます。

果たして、この無駄なコストを払ってまで大きなパッケージにする任天堂の狙いはなんなのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソフトパッケージを大きくしたのは、マーケティングの欲望?

海外メディアでは、こんなに大きなパッケージを作るのは、マーケティングの欲望なのではないかと報じています。

ここでいう、マーケティングの欲望とはなんなのでしょうか?

私なりに解釈してみましたが、おそらく任天堂のマーケッターが「大きなパッケージにすればソフトの存在感が増す」と考えて、その存在感を得たいがためにパッケージの大きさを大きくしたのだと海外メディアが言いたがっているのではないかと考えています。

確かにパッケージが大きければそれだけ目に付きます。
ただし、Amazonなどのオンライン上でソフトを購入するのが一般的なこの時代において、単にソフトパッケージを大きくしたからといって消費者の目に付きやすくなり購入者が増えるとは考えられません。

10年前のようにゲームショップでゲームソフトを購入するのが一般的な時代においては、棚に陳列されているソフトの中でひときわ大きいサイズのパッケージがあれば、誰でも目につく機会は増すので購入されやすくなる可能性は高まります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする